新規会員募集中



マツダ、「キャロル」のフルモデルチェンジを実施

デザインを一新し、燃費37.0km/Lを達成

 マツダは、「キャロル」のフルモデルチェンジを実施し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて2015年1月30日より発売することを発表した。

 今回のフルモデルチェンジでは、軽量、高剛性の新開発プラットフォームを採用し、ボディの超高張力鋼板の使用率拡大、樹脂フェンダーなどの採用により、車両軽量化を実現、MT車で610kg、CVT車で650kgを実現している。

 エンジンでは、吸気、排気系を新設計し、CVT車にはEGRシステムを採用したほか、車両全体の軽量化に伴いCVTの変速比を最適化、さらに、「エネチャージ」「アイドリングストップシステム」「エコクール」をCVT車に標準装備し、JC08モード燃費で37.0km/Lを実現、全車がエコカー減税の免税対象となった。

 また、運転席シートヒーターをCVT車に標準装備し、助手席シートヒーターを4WD車に標準装備したほか、フロントドアに中間2段ストッパーを採用した。

 安全面では、「DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム)&TCS(トラクション・コントロール・システム)」、運転席と助手席のシートベルトリマインダーを全車に標準装備したほか、「レーダーブレーキサポート」「誤発進抑制機能」「エマージェンシーストップシグナル」をCVT車に標準装備している。

 外板色では、新色の「シフォンアイボリーメタリック」「ピュアレッド」を含む全7色を設定した。

 価格は消費税込で、84万7,800円~112万3,200円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/12/25

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他