新規会員募集中



マツダ、タイの新トランスミッション工場で量産開始

新型自動変速機の年間生産能力は防府工場と合わせて約154万基に

 マツダは、タイ王国チョンブリ県に建設した新工場「Mazda Powertrain Manufacturing(Thailand)Co,Ltd」(以下、MPMT)で、トランスミッションの量産を開始したことを発表した。

 今回、MPMTで量産を開始した新型自動変速機「SKYACTIV-DRIVE」は、新世代技術「SKYACTIV技術」の一つで、40万基規模の年間生産能力を擁するMPMTの稼動により、マツダの「SKYACTIV-DRIVE」のグローバル年間生産能力は、防府工場(山口県防府市)のトランスミッション工場と合わせて約154万基となる。

 なお、MPMTで生産するトランスミッションは、タイのオートアライアンス(タイランド)を含むグローバル生産拠点で、新型「Mazda2」(日本名:デミオ)、新型「Mazda3」(日本名:アクセラ)や「マツダ CX-5」などに搭載される。

 マツダは、今回のMPMTでのトランスミッション量産開始も、2012年2月に発表した「構造改革プラン」の中で重要施策の一つとして掲げた「グローバル生産体制の再構築」の一環と位置付けており、また、SKYACTIV技術を搭載した車両の導入も2016年3月期には、マツダ車に占めるSKYACTIV技術搭載車の比率が85%以上となる見通しである、と説明している。

 量産開始にあたり、川上 英範MPMT社長兼CEOは、「これまでに30名を超える現地エンジニアおよび管理監督者をMPMTからマツダの防府工場および本社工場に派遣するなど、高品質なユニットの生産に向けて取り組んでまいりました。この度の量産開始により、日本と同等のクオリティを持つ新型自動変速機「SKYACTIV-DRIVE」をグローバルに供給できる生産体制が構築でき、大変うれしく思います。今後も、タイの自動車産業を支えリードする人材を育成し、タイの方々と共に、タイ経済の発展に貢献できるよう取り組んでまいります」と語った。

  • 写真1
掲載日:2015/01/13

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他