新規会員募集中



トヨタ、新型車「MIRAI」の受注が1カ月で約1,500台に

受注は官公庁や法人が6割

 トヨタは、新型燃料電池自動車「MIRAI」の受注台数が、2014年12月15日の発売からおよそ1カ月にあたる2015年1月14日時点で、約1,500台となったことを公表した。

 受注の内訳は、官公庁や法人が約6割、個人が約4割、地域別では、東京都、神奈川県、愛知県、福岡県が中心となっている。

 「MIRAI」は、将来の有力なエネルギーである水素を空気中の酸素と化学反応させて自らが発電して走り、将来の水素社会の一翼を担う車として期待されている。

  • 写真1
掲載日:2015/01/16

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他