新規会員募集中



日産、電気自動車ベースの「バーベキューカー」への出資募集開始

電気自動車の認知・普及が目的

 日産は、2月27日よりクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」を用いて、「究極のスマートバーベキューカー」プロジェクトの新たな取り組みを開始することを発表した。

 日産は、電気自動車のさらなる認知・普及のために、放送作家の鈴木おさむ氏企画協力、日本バーバキュー協会監修の電気自動車による「究極のスマートバーベキューカー」開発プロジェクトを立ち上げている。

 電気自動車だからこそ可能なごみゼロ・手間ゼロのスマートバーベキューを通じてより多くの人に電気自動車の楽しみを知ってもらうことを目的として、商用電気自動車「e-NV200」をベースとした、世界初の電気自動車によるバーベキューカーを製作した。

 今回は、現状の車両をさらに改良し、夢のバーベキュー機能を強化することを目的に、クラウドファンディングを活用し、国内の一般ユーザーより出資を募るとのこと。

 国内自動車メーカーとして“クルマづくり”にクラウドファンディングを活用する取り組みは初となる。

 「究極のスマートバーベキューカー」には、既にスイッチ1つですぐにバーベキューを始められる電気グリル、冷蔵庫、シンク付きキッチン、調理道具、生ゴミ処理機といったアイテムが搭載されている。

 今回の取り組みでは、上記の機能に加え、グラウドファンディングでの出資金額によって、“超音波とアロマの効果で野外でも蚊を寄せつけない環境を作り出す「Mosquito Barrier System(蚊バリア)」”、“ミストシャワーの効果により車両周辺の温度を下げ快適性を高める「Refreshing Mist Shower(爽快ミストシャワー)”など、計5つのバーベキューを楽しむための“夢の機能”を追加することを目指しているとのこと。

 まら、今回クラウドファンディングにより出資者に対し、特別なバーベキューイベントや、シークレットゲストが出席するパーティへの招待などを実施し、プロジェクトそのものの盛り上げも図る予定となっている。

 更に、2,500万円の出資者限定1名には、夢の機能が実装された「究極のスマートバーベキューカー」実車にオーダーメイド提供を予定しているとこのと。

  • 写真1
掲載日:2015/02/27

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他