新規会員募集中



ホンダ、ジュネーブモーターショーで欧州向け新型「シビック タイプR」を発表

2015年夏に欧州各国で販売開始予定

 ホンダは、ジュネーブモーターショー(プレスデー:2015年3月3日~4日、一般公開:3月5日~15日)にて、欧州向け新型「シビック タイプR」を発表した。

 欧州向け新型「シビック タイプR」は、「歴代最高のシビック タイプR」を目指し、レーシングカーのような高い走行性能を発揮するモデルとして開発された。

 パワートレインは、新世代パワートレイン技術群「アース・ソリーム・テクノロジー」の一つとなる新開発「2.0L VTEC ターボエンジン」を初採用し、最高出力310馬力、最大トルク400N・mを達成しており、6速マニュアルトランスミッションと組み合わせることで、0-100km/hの加速は5.7秒、最高速度は270km/hを実現している。

 「アダプティブダンパーシステム」を前後サスペンションに採用したほか、高出力のFF車の特徴であるトルクステアを軽減する「デュアルアクシスストラットサスペンション」をフロントに採用している。

 エアロダイナミクス性能は、高速走行時の安定性と高いダウンフォース性能の実現を目指し、コンピューターによるシュミレーションや風洞施設の活用のほか、北海道・鷹栖プルービングセンターのテストコースや三重県・鈴鹿サーキット、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースなど、さまざまなコースでのテスト走行を通じて開発が進められたとのこと。

 また、19インチ軽量アルミホイールと235/35R19タイヤ、ブレンボ社製ブレーキキャリパー&350mm径ブレーキディスクローターなどを採用している。

 さらに、「+R」モードを採用し、インストルメントパネルにある「+R」ボタンを押すことで、エンジンのレスポンスや力強さ、サスペンションのダンパー性能、パワーステアリング力などが変更され、さらに高いハンドリング性能をドライバーに提供するものとなっている。

 ニュルブルクリンク北コースにて開発車両で実施された走行テストにおいて、FFハッチバックモデルでトップとなる(ホンダ調べ)7分50秒のラップタイムを記録した。

 欧州向け新型「シビック タイプR」は、2015年夏の欧州各国で販売を開始する予定となっている。

  • 写真1
掲載日:2015/03/03

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他