新規会員募集中



日産、ジュネーブモーターショーでコンセプトカーを公開

欧州市場向けのコンパクトハッチバック

 日産は、2015年ジュネーブモーターショー(プレスデー:3月3日~4日、一般公開日:3月5日~15日)において、ハッチバックコンセプト「スウェイ」(Sway)を世界初公開した。

 「スウェイ」は、外観では、「Vモーション」モチーフを施したグリル、パノラマグラスルーフを採用したフローティングルーフ、ブーメラン型ヘッドランプなどを採用している。

 また、ドアは観音開き仕様を採用したほか、ルーフ中央にX型の構造を取り入れることで剛性を高めている。

 さらに、アルミニウムにスエード調生地を採用した軽量化されたシートには、高級ハンドバッグなどで用いられている縫い付け手法を取り入れている。

 外板色には、光の下でかすかなブルーを含んだ「Bluish Dawn Grey」を設定し、インテリアには、深いブルーとそれに対照的なアイボリーとオレンジを組み合わせている。

 日産の専務執行役員、チーフ・クリエイティブオフィサーである中村史郎氏は、「挑戦を続けていくことは、日産の文化といえます。この新しいコンセプトカーは、日産のコンパクトハッチバックの新しい提案です。私たちは、この『スウェイ』が、『キャッシュカイ』や『ジューク』のように斬新で、個性的、そして魅力的なものを提案することで、日産の挑戦する文化を継承していくと考えています。」と述べた。

  • 写真1
掲載日:2015/03/03

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他