新規会員募集中



マツダ、新型「ロードスター」の生産を開始

日本導入は6月頃、順次海外へ

 マツダは、本社宇品第1(U1)向上で、新型「ロードスター」の生産を開始したことを発表した。

 今回生産を開始した新型「ロードスター」は日本向けのもので、本年6月頃に国内での販売開始を予定している。

 3月20日正午よりWEBによる先行商談予約を開始する予定となっており、海外市場への導入は、日本に続いて順次実施する予定となっている。

 マツダは、4代目となる新型「ロードスター」は、高まる環境・安全性能への要求に応えつつ「Fun(楽しさ)」を継承するために、「守るために変えていく」をキーワードに開発し、「SKYACTIVE技術」とデザインテーマ「鼓動(こどう)-Soul of Motion」の採用に加え、「人がクルマを楽しむ感覚」の向上に注力した、と説明している。

  • 写真1
掲載日:2015/03/05

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他