新規会員募集中



スズキ、ハンガリーで新型SUVのラインオフ式典を実施

世界戦略車として欧州全域、欧州外にも輸出予定

 スズキは、ハンガリーの子会社マジャールスズキ社にて、新型SUV「ビターラ」の生産開始を記念して、ラインオフ式典を実施したことを発表した。

 式典には、ハンガリーのヴィクトル・オルバーン首相、小菅淳一ハンガリー駐箚特命全権大使らの来賓が出席し、スズキからは鈴木修会長兼社長が出席した。

 新型SUV「ビターラ」は、全長4,175mm×全幅1,775mm×全高1,610mmとなっており、1.6Lガソリン/ディーゼルエンジンを搭載し、車体の軽量化により優れた燃費性能を実現、新世代4WDシステム「ALLGRIP」をはじめ、ミリ波レーダー方式による衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポート」や、レーダーで前方車両との距離を測り自動で加減速するアダプティブクルーズコントロールなどの先進技術を採用しているとのこと。

 式典において鈴木修会長兼社長は、「1991年4月にマジャールスズキを設立して以来、スイフトやスプラッシュなど8モデルを生産し、累計生産台数は昨年250万台に達した。マジャールスズキを戦略的重要拠点と位置付けており、引き続き生産を拡大していく。」と述べた。

 スズキは、「ビターラ」を世界戦略車としてハンガリーをはじめ、欧州全域に供給するだけでなく欧州外にも輸出する予定で、初年度の生産台数は7万台を計画している、と説明している。

  • 写真1
掲載日:2015/03/05

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他