新規会員募集中



三菱、「ミニキャブ バン」「タウンボックス」をフルモデルチェンジ

室内・荷室空間を拡大し、安全性能を向上

 三菱自動車は、「ミニキャブ バン」と「タウンボックス」のフルモデルチェンジを実施し、全国の系列販売会社を通じて3月20日より発売することを発表した。

 今回のフルモデルチェンジでは、ホイールベースを拡大し、室内・荷室空間を拡大したことに加え、テールゲート/後席スライドドア開口部幅・開口部高も拡大している。

 「ミニキャブ バン」では、ボディを軽量化し、吸気可変バルブタイミング機構を採用した新型エンジン(標準/ターボ)と、標準エンジン車にはクラッチおよびシフト操作を自動で行う新型トランスミッション「5速自動マニュアルトランスミッション(5AMT)」を搭載したことで、JC08モード燃費で20.2km/Lを実現しているほか、安全面では先進予防安全技術「e-Assist」を搭載した。

 「タウンボックス」では、全車に吸気可変バルブタイミング機構、電子制御スロットルなどを採用し、燃焼効率を高めたDOHCインタークーラー付ターボチャージャーエンジンを搭載、車体の軽量化と合わせ、JC08モード燃費で16.2km/L(2WD車)を実現したほか、安全面では先進予防安全技術「e-Assist」を搭載している。

 また、ワンタッチ電動スライドドアを「G スペシャル」では後席両側、「G」では後席助手席側に採用し利便性を向上したほか、リヤスライドドアのハンドル部を縦型化して操作性も改善している。

 さらに、サイドアンダーミラー付ドアミラー(助手席側)、車速連動式オートドアロック、オートライトコントロール、エンジンスイッチ+キーレスオペレーションシステムを採用した。

 なお、いずれのモデルも、スズキからのOEM供給車となる。

 価格は消費税込で、「ミニキャブ バン」:93万9,600円~150万2,280円、「タウンボックス」160万9,200円~181万4,400円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2015/03/06

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他