新規会員募集中



トヨタ、メキシコに新工場を建設し中国で生産ラインを新設

「競争力のある工場」づくりを推進

 トヨタは、メキシコで新工場を建設し、中国で生産ラインを新設することを発表した。

 トヨタは、メキシコ新工場・中国新ライン共に、「シンプル&スリム」、「フレキシブル」をキーワードに、伸縮自在ライン、床置き可能な小型設備のほか、コンパクトな塗装ブースなど、安全で環境に優しい工場作りに取り組む予定とのこと。

 トヨタは、これらの投資は、単なる「量を求めた工場づくり」から「競争力のある新しい工場づくり」に発想を大きく転換するものである、と説明している。

 トヨタはこれまで、あえて工場の新設を凍結し、既存工場の能力を最大限有効活用する取り組みやモデル切り替え時の設備投資額の低減を進めるとともに、工場投資の低減策の策定などを推進してきており、結果、既存工場の稼動率はグローバル全体で90%を超えるまでに向上したほか、工場の建屋や設備を中心とする初期投資部分については、2008年当時と比較して約40%低減できる目途がつきつつあると、述べている。

 既存工場の能力の使い切りが着実に進んでいること、新たな生産技術の革新に目途がつきつつあることを受け、これらの技術を実際のラインに導入することでさらなる技術革新に繋げることなどを目的に本決定を行った、と説明している。

 トヨタの豊田章男社長は、「今回の新工場や新ラインは、トヨタの知恵と工夫を結集したものになる。トヨタは単なる『量を求めた拡大』と決別し、『もっといいクルマづくり』やそれを支える人材育成を通じ、持続的成長を図っていく必要がある。今回の取り組みは、トヨタの真の競争力強化における重要な試金石となる」と述べた。

  • 写真1
掲載日:2015/04/15

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他