新規会員募集中



トヨタ、「クラシックカー・フェスティバル」を開催

トヨタ博物館開館25周年を記念し、新ロゴを披露

 トヨタの文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)では、自動車文化の醸成と継承を目的とし、地域に根ざしたイベントとして「第26回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を5月24日(日)に開催することを発表した。

 上記イベントは、愛・地球博記念公園(モリコロパーク)をメイン会場とし、1985年以前の日米欧の一般参加のクラシックカー約100台による公道パレードを実施する。

 あわせて、「ナショナルカラーをまとった戦前のレーシングカー」をテーマに、「ブガッティ タイプ35B」などのクラシックレーシングカー3台や、昨年レストア中の姿を披露後、完成した「フランクリン シリーズ9」など、トヨタ博物館所蔵車両の展示・走行披露も行う予定となっている。

 また、トヨタ博物館開館25周年を樹に、2014年秋より、これまで愛知(春)・東京(秋)で異なっていた名称を「クラシックカー・フェスティバル」に統一し、グラフィックイメージも東京と統一したロゴを、今回初披露する。

 イベント実施に際し、豊田章男社長は、「クラシックカー・フェスティバルはファンの皆様と地域の皆様に支えられ、毎年2万人もの方が来場されるまでに成長してまいりました。たくさんの方にお越しいただき、クルマの楽しさを体感いただければと思います」と述べた。

  • 写真1
掲載日:2015/04/23

この記事のカテゴリ:新着  業界  その他