新規会員募集中



ホンダ、「ヴェゼル」を一部改良

4WD車を追加設定し、装備を充実

 ホンダは、「ヴェゼル」の一部改良を実施し、4月24日に発売することを発表した。

 今回の一部改良では、ガソリン車の「X」に4WDモデルを追加したほか、「振幅感応型ダンパー」をフロントに加えリアにも装備(FF車)し、スムースレザーを採用した「本革巻ステアリングホイール」を採用している。

 また、「IRカット<遮熱>/UVカット機能付フロントウインドウガラス」、「IRカット<遮熱>/スーパーUVカットフロントドアガラス」、「プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー」を全タイプに標準装備したほか、メーカーオプションのナビ装着用スペシャルパッケージにHDMI入力端子とUSBジャック(1ヵ所)を追加した。

 外板色では、ハイブリッド車にゴールドブラウン・メタリックを新たに追加し、HYBRID X・Lパッケージにジャズブラウンのインテリアカラーを新たに設定した。

 価格は消費税込で、193万1,000円~274万6,000円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2015/04/23

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他