新規会員募集中



ホンダ、「ステップ ワゴン」「ステップ ワゴン スパーダ」をフルモデルチェンジ

新開発1.5Lターボエンジンを搭載

 ホンダは、「ステップ ワゴン」「ステップ ワゴン スパーダ」のフルモデルチェンジを実施し、4月24日に発売することを発表した。

 今回のフルモデルチェンジでは、新開発の直噴1.5L VTEC TURBOエンジンを搭載し、JC08モード燃費で17.0km/Lを達成、直噴システムや小径タービン、デュアルVTCなどによる低回転域でのターボ効果の向上などにより、常用域で2.4Lエンジン並みのトルクを発生するほか、排気量を1.5Lにしたことで、従来モデルに比べ自動車税が軽減される。

 また、エンジン振動の伝達であるクランクシャフトと、それを支えるベアリングキャップの剛性を向上するなどノイズや振動の伝達を抑制し静粛性も向上したほか、1.5L VTEC TURBOエンジンのポテンシャルを最大限に引き出すCVTを新開発し、燃費性能の向上を図った。

 さらに、大開口のテールゲートに横開き式のサブドアを備えた独自機構のわくわくゲートを採用し、3列目のシートを左右に分割して床下収納できるマジックシートとの組み合わせでテールゲートを開けることなく横開き式のサブドアから3列目のシートへの乗り降りを可能とするほか、荷物の出し入れもしやすくなっている。

 安全面では、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を搭載し、フロントエンブレム裏に設置したミリ波レーダーと、フロントウインドウ内上部に設置した単眼カメラという、特性の異なる2種類のセンサーで構成され、ミリ波レーダーは性能を向上され、対象物体の位置や速度だけでなく、検知が難しいとされてきた電波の反射率が低い歩行者まで検知対象を拡大したほか、単眼カメラは車両前方約60cmまでの歩行者や対象物体の属性、大きさなどを識別でき、より精度の高い認識を可能とした。

 また、助手席エアバッグは、これまでのシステムに比べ長い時間内圧を保持することが可能となった「内圧保持式エアバッグシステム」を採用し、Honda独自のGコントロール技術による自己保護性能と、相手車両への攻撃性低減を両立した「コンパティビリティー対応ボディー」や、万が一の際に歩行者へのダメージを与えやすいボディー前部に、衝撃をやわらげる構造の「歩行者傷害軽減ボディー」を採用したほか、「VSA(車両挙動安定化制御システム)」、「ヒルスタートアシスト機能」、「エマージェンシーストップシグナル」を全タイプに標準装備した。

 価格は消費税込で、「ステップ ワゴン」:228万8,000円~280万4,000円、「ステップ ワゴン スパーダ」:272万5,000円~308万1,400円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2015/04/23

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他