新規会員募集中



日産、「デイズ ルークス」を一部改良

エマージェンシーブレーキを全グレードに標準化

 日産は、「デイズ ルークス」の一部改良を実施し発売した。

 今回の一部改良では、メーカーオプション設定のみとなっていた「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」、「踏み間違い衝突防止アシスト」、一部グレードではメーカーオプション設定となっていた「SRSサイドエアバックシステム」、「VDC」などの安全装備を全グレードに標準装備とした。

 「日産デイズ」シリーズは、日産と三菱自動車との合弁会社である株式会社NMKV(本社:東京都港区、社長:遠藤淳一)を通して、商品企画・開発を行っている。

 パワートレインでは、エンジン、トランスミッションのチューニングを最適化するとともに、自然吸気エンジン車には採用済のアイドリングストップ機構をターボエンジン車にも追加することで、多くのグレードで燃費が向上した。

 上記のより、2WDの自然吸気エンジン車は「平成32年度燃費基準+10%」と「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を達成し、「環境対応車普及促進税制」の減税措置により、自動車取得税が80%、自動車重量税が75%、軽自動車税が25%、それぞれ減税となり、また、その他すべてのグレードで減税措置を受けることが可能となっている。

 外板色では、ルーフとボディの色が異なる2トーンカラーを新規に4色追加したほか、ハイウェイスター系に「スパークリングレッドメタリック」「チタニウムグレーメタリック」「ピンクゴールドメタリック」を追加した。

 インテリアでは、全席のシート生地に新たに撥水加工を施したほか、エクステリア用、インテリア用に、本革調シート全カバーなどのアイテムをディーラーオプションとして新規設定した。

 日産は、究極のエコカー「ゼロ・エミッション」とエンジン進化型エコカー「PURE DRIVE」を二本柱とした、二酸化炭素排出量の削減に取り組んでおり、「デイズ ルークス」も「PURE DRIVE」の1モデルとなる。

 価格は消費税込で、133万7,040円~193万1,040円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2015/04/23

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他