新規会員募集中



日産、「NT450アトラス」を一部改良

新たに4WD車を追加し、装備を充実

 日産は、「NT450アトラス」の一部改良を実施し、6月4日より発売することを発表した。

 今回の一部改良では、平ボディ、シャシー、ダンプ、ダンプ架装用シャシー、タンクローリー車架装用シャシーに最大積載量3tの4WD車を新規に追加し、商品ラインナップを強化した。

 また、これまで一部仕様にのみ標準装備となっていた運転席アームレストを全車標準としたほか、坂道発進補助装置をMT車にメーカーオプションで追加設定した。

 「NT450アトラス」は、「平成27年度燃費基準+15%」、「平成27年度燃費基準+5%」、「平成27年度燃費基準」のいずれかを達成しており、さらに、排出ガス浄化性能でも、国土交通省の「平成21年基準排出ガス規制10%低減レベル」認定を取得している。

 上記により、「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」による減税措置に基づき、ハイブリッド車では自動車取得税及び自動車重量税が免税、ディーゼル車では減税となる。

 なお、「NT450アトラス」は、三菱ふそうトラック・バスからのOEM供給車である。

  • 写真1
掲載日:2015/04/24

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他