新規会員募集中



ダイハツ、軽福祉車「フレンドシップシリーズ」一部改良

「スマートアシストⅡ」を採用

 ダイハツは、軽福祉車「ムーヴ フロントシートリフト」「タント スローパー」「タント ウェルカムシート」を、5月11日(月)から全国一斉に発売することを発表した。

 今回の一部改良では、ベース車両となる「ムーヴ」「タント」の改良にあわせ「カメラ」を新搭載した「スマートアシストⅡ」を採用している。

 「タント ウェルカムシート」では、最廉価となる「Lグレード」を追加したほか、全グレードで「スマートアシストⅡ」を標準装備した。

 また、「タント スローパー」、「タント ウェルカムシート」は、ベース車の改良と同様に、パワースライドドアにワンタッチオープン機能を追加し、VSC&TRCの全車標準装備化を実施したほか、スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)やスーパークリーンエアフィルターなどを標準装備した。

 価格は、「ムーヴ フロントシートリフト」:127万円~158万円、「タント スローパー」:143万円~181万円、「タント ウェルカムシート」:152万5,000円~186万円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2015/04/27

この記事のカテゴリ:新着  新車  その他