新規会員募集中



BMW、新型「6シリーズ」を発表

フロント・デザインを刷新し、標準装備を向上

 ビー・エム・ダブリューは、新型「6シリーズ」を全国のBMW正規ディーラーにおいて、7月2日より発売開始することを発表した。

 新型「6シリーズ」では、フロント・ビューの新デザイン「アダプティブ LED ヘッドライト」を全モデルで標準装備し、「640i」および「650i」のスタンダード・モデルでは、フロント・フェイスに新デザインのキドニー・グリル、新たにクローム・インサートを施したフロント・エプロンとリヤ・スカートを採用している。

 また、カメラとミリ波レーダー・センサーを併用した「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、車間距離を維持しながら自動的に速度制御を行うことが可能な「アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)」を含む革新的ドライバー支援システム「ドライビング・アシスト・プラス」や、安全な車線変更をサポートする「レーン・チェンジ・ウォーニング」を標準装備した。

 さらに、「BMW SOSコール」、「BMW テレサービス」を含む「BMW コネクテッド・ドライブ・スタンダード」が従来より標準であったが、新型「6シリーズ」では、運転中のオペレーターによるナビゲーションの目的地検索・設定、スマートフォンでの車両の遠隔操作などが可能な「BMW コネクテッド・ドライブ・プレミアム」の機能が全モデルに追加された。

 また、「640i」および「650i」はスタンダード・モデルに加え、M エアロダイナミクス・パッケージなど、BMW M 社が開発した専用装備を採用した「M スポーツ」をモデル・ラインアップに設定している。

 「M スポーツ」モデルでは、車速やルート案内などの情報をフロント・ウインドーに投影する「BMW ヘッドアップ・ディスプレイ」、ドライビング・パフォーマンス・コントロールの走行モードに応じてメーター・パネルのディスプレイが切り替わり、文字の拡大や、警告やメニュー表示を大きくすることにより走行時の視認性を高める「アルチ・ディスプレイ・メーター・パネル」も標準装備としている。

 価格は消費税込で、「6シリーズ クーペ」:1,023万~1,766万円、「6シリーズ カブリオレ」:1,121万円~1,833万円、「6シリーズ グラン クーペ」:1,057万円~1,802万円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2015/06/26

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他