新規会員募集中



ホンダ、インドネシア国際モーターショーで世界初公開のプロトタイプを出展

3列7人乗りの新型クロスオーバーユーティリティービークル

 ホンダのインドネシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるピー・ティ・ホンダプロスペクトモーター(以下HPM)は、インドネシア・タンゲランで8/20(木)~8/30(日)まで開催される「インドネシア国際モーターショー2015」に、世界初公開となる新型クロスオーバーユーティリティービークル「BR-V」プロトタイプを出展することを発表した。

 「BR-V」は、高く設定した最低地上高、大径アルミホイールなどを採用した3列シート7人乗りで、1.5Lガソリンエンジンを搭載し、ホンダの新世代クロスオーバーユーティリティービークルとしてインドネシア市場に導入される予定となっている。

 HPM社長の内田 知樹氏は、「このモデルは、インドネシアのお客様ニーズに基づき、タイとインドネシアの研究所で開発されました。その魅力的なデザインと価値により、インドネシアのお客様に愛されることを確信しています」と述べた。

  • 写真1
掲載日:2015/06/30

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他