新規会員募集中



ホンダ、「N-ONE」をマイナーチェンジ

低全高モデルを追加し、装備を充実

 ホンダは、「N-ONE」をマイナーチェンジし発売した。

 今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルやフロントバンパーにメッキモールを全タイプに追加し、また、ドアサッシュモール、コンビシート(プライムスムース×ジャージ)を「Premium」「Premium Tourer「Premium Tourer・LOWDOWN」に追加設定したほか、オートリトラミラー、ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器を「G」を除くタイプに標準装備した。

 また、新デザインのルーフ、スポイラー、ローダウンサスペンションにより全高を65mm下げ1,545mmとすることで多くの立体駐車場に対応した「LOWDOWN(ローダウン)」を追加した。

 外板色では、ブリリアントスポーティブルー・メタリック、ブリティッシュグリーン・パール、プレミアムピンク・パールの新色を追加した。

 さらに、コンプリートカーブランドである「Modulo X」を「N-ONE」にも追加し、専用のエアロパーツ、フロントグリル、サイドシルガーニッシュなどのエクステリアパーツに加え、高剛性バンパービーム、専用デザインマフラー、サスペンション、ブレーキパッド、アルミホイールなどを装備し、さらに、EPS、CVT(Sレンジ)を専用セッティングとしている。

 価格は消費税込で、118万5,000円~189万8,000円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2015/07/17

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他