新規会員募集中



VW、「ゴルフ オールトラック」を新発売

抑えた価格で「ゴルフ ヴァリアント」シリーズの拡販狙う

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、クロスオーバー4WDステーションワゴン「ゴルフ オールトラック」を、全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーを通じて発売した。

 新型「ゴルフ オールトラック」は、「ゴルフ ヴァリアント」をベースとし、最高出力132kW(180PS)、最大トルク280Nm(28.6kgm)を発揮する1.8L TSIエンジンを搭載し、湿式多板クラッチ式の6速DSGが組み合わされている。

 また、最低地上高が「ゴルフ ヴァリアント」より25mm高くなる専用サスペンションを全車に標準装備し、前後アクスル間のトルクを配分し、車両の瞬間的な運転状況を把握するための制御システムであるフォルクスワーゲン独自のフルタイム四輪駆動システムで最新(第5)世代のハルデックスカップリングを採用した「4MOTION」を組み合わせている。

 さらに、「ゴルフ オールトラック」のドライビングプロファイル機能には、「ノーマル」、「エコ」、「スポーツ」、「カスタム」に加え、専用開発された「オフロード」モードを追加し、このモードを選択すると、ホイールロックの間隔を制御する“ABSの調整”、くだり勾配で車速が一定になるよう自動調整する“ヒルディセントアシスト”、踏み込みの反応特性を変更しアクセルをコントロールする“アクセルペダル特性変更”などのアシスタンス システムをオフロード走行用プログラムに変更する仕組みとなっている。

 エクステリアでは、クローム装飾をアクセントとした前後の専用バンパー、左右ドア下部には黒いホイールハウス エクステンショなどを採用し、205/55R17のタイヤと7J×17インチの専用アルミホイールを採用している。

 インテリアでは、専用デコラティブパネル、ドアシルプレート、シートバックに「Alltrack」のロゴが入った専用のファブリックシートを採用している。

 価格は消費税込で、347万円~367万円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2015/07/21

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他