新規会員募集中



日産、神奈川県初の「プラチナくるみん」企業に認定

高い水準の子育てサポートが評価を受け認定

 日産は、厚生労働省神奈川労働局の回生次世代育成支援対策推進法に基づく特例認定(通称:プラチナくるみん認定)制度において、神奈川県に本社を置く企業として初めて「プラチナくるみん」企業に認定されたことを発表した。

 なお、認定書の交付式は31日に実施される。

 「プラチナくるみん認定」とは、「子育てサポート企業」として認定を受けた企業(くるみん認定企業)のうち、さらに一段高い水準の取り組みを行った企業が認定を受けるもので、平成27年4月1日に新設された。

 なお、日産の認定は、輸送用機器業界としても初のこととなる。

 日産は、ダイバーシティ推進の取り組みとして、従業員一人ひとるがライフイベントやライフスタイルにあわせて仕事と生活を両立しながら活躍できる環境の整備に力を入れており、特に、育児両立社員の成長やキャリア形成の実現のために産休前セミナー・復職前セミナーを開催していること、社内託児所を3つの事業所に設置し、復職に向けた支援を行っていること、復職後も在宅勤務(利用上限):月の所定内労働時間の50%まで)など幅広い働き方を柔軟に選択できるような制度を導入し、支援していることが評価のポイントとなった、と説明している。

 また、男性の育児参画も進み、育児休業や育児を目的とした休暇を取得している男性従業員が31%(配偶者が出産した男性従業員2,128人の内、679人)いることも併せて評価され、今回の受賞につながった、と述べた。

  • 写真1
掲載日:2015/07/30

この記事のカテゴリ:新着  業界  その他