新規会員募集中



マツダ、広島県の小・中学校に広島復興の本を寄贈

マツダも資料提供など本の制作に協力

 マツダは、広島県内の小学校および中学校に、単行本「まんがで語りつぐ広島の復興 ‐被爆の悲劇を乗り越えた人びと-」を寄贈したことを発表した。

 贈呈された書籍は、小学館が今月に発売したもので、70年前の戦争で被災した広島を復興させるために立ち上がった人々について全10章にわたって描かれているもので、マツダは、第5章「輸送のかなめ“三輪トラック”」の制作にあたり、資料提供などに協力している。

 マツダの代表取締役社長兼CEOの小飼 雅道氏は、寄贈にあたり「私たちは、地元に根ざす企業として、広島の復興と発展のために立ち上がり、恒久平和を願い、全身全霊で取り組んだ方々の想いを、将来を担う児童・生徒の皆さんとともに考え、未来に伝えていきたいと思い、単行本を寄贈しました。この本を通じて、当時の人びとが抱いた勇気、責任感、矜持などを学んでいただくとともに、自発的に行動する強い意志や周囲の人を敬う心を持ち続けてくれることを願っています。」と述べた。

  • 写真1
掲載日:2015/07/31

この記事のカテゴリ:新着  業界  その他