新規会員募集中



三菱、タイで「パジェロスポーツ」を世界初披露

今秋からタイで販売開始、順次展開を拡大

 三菱自動車は、タイにおける生産・販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランドのラムチャバン工場で生産している「パジェロスポーツ」を、7年ぶりにフルモデルチェンジし、タイで世界初披露した。

 新型「パジェロスポーツ」は、今秋からタイで販売を開始し、その後、アセアン、中東、アフリカ、中南米、ロシアなどに順次展開を拡大し、約90ヶ国で販売する計画となっている。

 新型「パジェロスポーツ」は、「Stylish&Comfortable OFFROAD SUV」をコンセプトとし、外観は新しいフロントフェイスデザインコンセプト「ダイナミック・シールド」を採用している。

 エンジンは、2.4L MIVECディーゼルターボエンジンを新採用し、「パジェロスポーツ」用に新開発された三菱車初となる8速ATを組み合わせることで、先代モデルと比較して燃費を約17%向上させたほか、2016年1月よりタイで施行される新税制において二酸化炭素排出量の最低税区分に適合する200g/km以下を達成している。

 内装は、シルバー加飾や立体的な造形シートなどを採用しているほか、サスペンションの見直しやボディマウントの改良により、操縦安定性、乗り心地、静粛性を同時に向上させるとともに、新ディーゼルエンジンの採用や、ボディの遮音性能強化により、さらに静粛性を高めている。

 安全面では、衝突安全強化ボディRISEと合計7つのエアバッグを採用し、衝突被害軽減ブレーキシステム、後側方死角警報システム(三菱車初)、誤発進抑制制御システムなども採用している。

 また、電動パーキングブレーキ(三菱車初)、アルチアラウンドモニター、前席左右の温度調整オートエアコンなども装備している。

 4WDシステムは、三菱自動車独自の「スーパーセレクト 4WD-Ⅱ」を搭載し、路面状況に応じて走破性と安定性を高めるオフロードモード制御(三菱車初)やヒルディセントコントロール(三菱車初)を採用した。

  • 写真1
掲載日:2015/08/01

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他