新規会員募集中



スズキ、「スペーシア」「スペーシア カスタム」がJNCAPで最高得点を獲得

最高ランクの「先進安全車プラス」を獲得

 スズキは、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」及び「全方位モニター」を搭載した「スペーシア」「スペーシア カスタム」が、JNCAP(Japan New Car Assessment Program)予防安全性能アセスメントにおいて軽自動車の中で最高の45.8点(46点満点)を獲得し、最高ランクの評価「先進安全車プラス(ASV+)」をスズキ車で初めて獲得したことを発表した。

 予防安全性能アセスメントは、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が自動車の先進安全技術について評価し、結果を公表する制度である。

 前方車両に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)、車線逸脱警報装置(LDWS)、後方視界情報提供装置(バックビューモニタ)の3項目の試験を基に、46点満点の評価点が与えられ、評価点が2点以上の場合には「先進安全車(ASV)」として認定され、さらに12点以上の場合は「ASV+」として認定される。

 スズキは、「スペーシア」「スペーシア カスタム」において、これまでレーザーレーダー方式の「レーダーブレーキサポート」を搭載した車種で「ASV」を獲得しており、今回の「デュアルカメラブレーキサポート」搭載車はLDWS、バックビューモニタの項目でそれぞれ満点を獲得し、AEBSで32点満点中31.8点の高評価となり、新たに「ASV+」を獲得した、と述べた。

  • 写真1
掲載日:2015/08/05

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他